グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  受講生・修了生の姿 >  修了生の姿

修了生の姿


修了生の姿(基本コース)

2022年度

2022年10月、2022年度進化型実務家教員養成プログラム基本コースの履修証明書授与式を行いました

2021年度

2021年10月 基本コースの履修証明書授与式を行いました

ニューズレターにて、多様な背景を持つ受講生が、半年間のコースを修了して気づいたこと、学んだこと、変化したこと、今後に活かしたいこと、これから目指すことなど、それぞれの思いを語っていただいています。
pdfファイルよりご覧ください。

修了生の姿(専門コース)

2021年度【経営実務コース】

2022年3月、2021年度進化型実務家教員養成プログラム 専門コース(経営実務)の修了証授与式を行いました

修了生の声

Q1:今後受講される方へアドバイスはありますか

●実務家教員として活躍するためには、自身の専門領域の知識を深めることはもちろんですが、幅広い分野に対して興味を持ち、自分なりの意見を持つことが求められます。

●受講すれば必ずプラスになり、新しい発見、学びがあると思います。仮に明確に教員になるかどうかわからない方でも、キャリア開発上の学びとしての意義があると思います。

●TEEPの講義の中には、難しい課題もありますが、決して諦めずに最後まで受講をしてください。きっと得られるものは多いと思います。

●専門コース修了後に大学院へ進むこともできます。このような学びの「連続性・拡張性」も名市大(TEEP)の魅力だと思います。

●自分の専門性がどんなことなのか、またそれをどう社会につなげていくのかを考えるきっかけになります。教員になりたい方も、今すぐではなくともいつか自分の実務を人の成長に役立てたいと考えている方にも、役立つプログラムです。

●基本コースでは、実務家教員として必須能力の養成がメインでしたが、専門コースは自分自身と向き合う時間であったと思っています。根気よく自分自身と向き合うことで、自分がどうありたいのかを見いだせるのだと思います。
Page Top