グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  よくある質問

よくある質問



入学・出願に関する質問

Q1 働きながら通学できますか?

基本コースの一部の講義内容についてはeラーニングを導入するため自宅での受講が可能、スクーリングはできる限り平日夜間や土日祝日に集中させて実施するので、働きながらの受講が可能です。スクーリングを含みますので全てをeラーニングで受講できるものではないことをご承知おきください。
専門コースはスクーリングが基本になり、一般学生と同じく昼や夜に開講している科目からの選択になります。

Q2 受講開始時期はいつですか?

2021年度より履修証明プログラムは正式スタートし、基本コース4月からの開講(前期)を予定しています(専門コースは基本コース修了を前提とするため後期に開講予定)。したがって、基本コース及び専門コースを通年で受講することが可能となります。

なお、2021年度基本コースの募集に関しては、募集期間を終了しておりますので、ご了承ください。

Q3 修了すると得られる資格はありますか?

基本コース、専門コースそれぞれ履修証明プログラムとして推進されます。所定の科目を修了された受講者には、「進化型実務家教員養成プログラム修了証(基本コース)」、「進化型実務家教員養成プログラム修了証(専門コース)」が交付される予定です。
また、大学院科目として位置づいている科目については科目等履修制度により所定の単位認定が可能です。その後の大学院進学を考える際に単位取得は1つのステップとなります。

Q4 修了後の活躍イメージについて教えてください。

本プログラム修了者は、原則、東北大学が運営する人材エージェントに登録することになります。
その後は情報提供やマッチングを経て、大学等の教育職、コーディネーター等に就くことが考えられます。募集内容については人材を必要とする当該機関の状況によります。(注:履修証明プログラムの修了が大学での雇用を保証するものではありません)

Q5 外国人の試験区分はありますか?

本プログラムの受講資格者は、所定の条件を満たす「実務家」です(条件については「募集要項」参照)。授業は全て日本語で行われ、いずれの授業もディスカッションなどのアクティブ・ラーニングが中心となるため、高度な日本語能力が必要です。

Q6 学割などは使用できますか

履修証明プログラムや科目等履修生には学割の利用ができませんのでご承知おきください。

Q7 教育訓練給付金の支給対象になりますか?

本プログラムは教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座ではございません。教育訓練給付金の支給対象外ですのでご了承ください。

通学・修学に関する質問

Q1 授業はどのようなスケジュールで行われますか

基本コースは4月から9月の前期、専門コースは10月から3月の後期に開講しますので、通年での受講が可能となります。どのような科目が予定されているかについては「カリキュラム紹介」ページをご覧ください。

Q2 通学定期券は利用できますか

履修証明プログラムや科目等履修生には通学定期券の適用はなされませんので、ご承知おきください。

Q3 欠席時の補講制度はありますか?

欠席時の補講制度はありません。基本コースの事前学習となるeラーニングでは、時間に制約なくご自宅等でご受講いただけます。

Q4 出席できない授業(Zoom・対面)がある場合、コースの修了はできなくなりますか?

原則的には欠席した場合には修了ができないものとご承知おきください。ただし、一部、例外的に代替措置を行うなどして対応できる授業もございますので、個々の担当教員と日時の調整が可能であれば、調整していただく形になります。

Q5 遠方に住んでいて通学ができない場合、授業の受講は可能でしょうか?

基本コースにおけるスクーリングは、できる限り平日夜間や土日祝日に実施しますが通学の必要性があります。一部事前学習でeラーニングがありその部分においては家庭等での受講は可能です。専門コースは、大学院科目を利用するものが多いためスクーリングが主となります。
各コースとも通学が叶わない場合は受講が困難であるため、ご承知おきください。
※新型コロナ感染症の拡大状況などにより、対面スクーリングを中止しオンライン開催への判断をする場合があります。

Q6 休学はできますか

特に予定していません。
しかし基本コース修了後、同年での専門コース受講が難しい場合に事業実施継続中に限り翌年度以降の専門コース受講を可能にする方向で調整しています。

学費・奨学金に関する質問

Q1 学費はいくらですか?

基本コース、専門コース毎に修了要件があり、科目数で総額が異なる見込みです。
2021年度の基本コースの受講料は、名古屋市住民等63,600円(その他の者73,600円)となる予定です。専門コースの受講料は160,000~170,000円ほどを予定しています。この他に多職種連携PBL演習にかかる実費などがかかる見込みです。

Q2 奨学金制度はありますか

特に予定していません。