グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  シンポジウム・説明会 >  シンポジウム・ワークショップ

シンポジウム・ワークショップ


2021年11月18日(木)
進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)
シンポジウム  14:00~16:30、ワークショップ 18:30~20:00
をzoomによるオンライン開催します!

※ちらしは下部でダウンロードできます

シンポジウム
「産業界と大学の架け橋 実務家教員が担う役割」をテーマに、研究者、実務家教員、企業関係者とともに、今後の人材育成における実務家教員の使命とこれからの大学のあり方を探求します。

一般公開無料 定員150名(先着順)

開会挨拶:郡 健二郎 名古屋市立大学 理事長・学長
来賓挨拶:佐々木邦彦 文部科学省高等教育局 専門教育課
           専門職大学院室室長

〈第1部〉
基調講演:「実務家教員の課題と展望」
      ~社会の知の担い手として~
講  師:川山 竜二 学校法人先端教育機構社会情報大学院大学
            学監・実務教育研究科 研究科長

基調講演:「経営専門職と実務家教員が担う人材養成について」
      ~SDGs&Society5.0、地方創生、DX達成に向けて~
講  師:矢野 昌彦 名古屋産業大学 現代ビジネス学部
            経営専門職学科長 教授

〈第2部〉
パネルディスカッション:「実務家教員の最前線」
登 壇 者 : 笹野 寛  名古屋市立大学 医学研究科(先進急性期医療学分野)教授
      吉住 隆弘 中京大学 心理学部・心理学研究科 教授
      葛原 憲治 中京大学 スポーツ科学部・トレーナー学科 教授
      今永 典秀 名古屋産業大学 現代ビジネス学部 経営専門職学科 准教授
ファシリテーター: 鵜飼 宏成 名古屋市立大学 副理事・大学院経済研究科教授
            TEEPコンソーシアム実施委員会委員長

閉会挨拶 : 伊藤 恭彦 名古屋市立大学 理事・副学長 大学院人間文化研究科 教授
            TEEPコンソーシアム運営委員会委員長

ワークショップ
「修了生から見た実務家教員養成プログラムの意義」をテーマに、TEEP基本コース修了生や文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」他コンソーシアムの修了生の参加を得て、受講のきっかけや養成プログラムを通じて得たことを語っていただきます。

一般公開無料 定員50名(先着順)

開会挨拶: 伊藤 恭彦 名古屋市立大学 理事・副学長 大学院人間文化研究科 教授
            TEEPコンソーシアム運営委員会委員長

パネルディスカッション:「実務家教員養成プログラムを修了して」
        ①なぜ実務家教員を目指したのか。
        ②経験を伝えるために必要なことは。
        ③実務知を活用した産学協同教育実践とは。

ファシリテーター: 鵜飼 宏成 名古屋市立大学 副理事・大学院経済研究科教授
            TEEPコンソーシアム実施委員会委員長

現役実務家教員によるコメント・激励

※詳細及び各時間については下記ちらしにてご確認下さい。
※お申し込みは、こちらからお願い致します。(受付は11月14日まで)

2021年3月20日(土・祝)大学改革を担う実務家教員フェア2021(第2回)が開催されました

第2回目となる「大学改革を担う実務家教員フェア2021」では、文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」に選定され、実務家教員育成プログラムを開発・運営する4つの拠点が会し、大学や企業で活躍する専門家も交えて、学びと社会をつなぐ「実務家教員」のあるべき姿や求められる役割について議論を行いました。また、第3部では、「進化型実務家教員養成プログラム」の取り組みについてもご紹介しました。

詳細はこちらをご覧ください。

2021年度 「実務家教員フェア2021」において「進化型実務家教員養成プログラム」の説明を行いました

2021年3月20日㈯「実務家教員フェア2021」第3部において本事業の説明をzoomにより開催しました。
ご参加下さいました皆様に心より感謝申し上げます。以下に名古屋市立大学鵜飼教授による説明の動画を掲載いたします。

2021年度 「実務家教員フェア2021」第3部「進化型実務家教員養成プログラム」の説明の動画

2020年10月21日(水)進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)シンポジウムを開催しました

「産業界と大学の架け橋を目指して~実務家教員養成プログラムの挑戦~」は、TEEPでの初シンポジウムでありオンライン開催となりました。定員を超える皆様にご参加いただき、パネルディスカッションにおいても濃密な議論がなされました。
ご登壇下さいました皆様、ご参加下さいました皆様に心より感謝申し上げます。以下に名古屋市立大学鵜飼教授による基調講演の動画を掲載いたします。

今後も実務家教員養成に向けて、様々な視点でのワークショップやシンポジウムを定期開催していく予定です。

2020進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)シンポジウム基調講演の動画

シンポジウム第一部基調講演の動画です。TEEP実施委員長で名古屋市立大学
経済学研究科の鵜飼宏成教授が「進化型実務家教員が求められる背景」と題し、
講演を行いました。

2020年10月21日(水)10:00~11:30進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)ワークショップを実施しました

名古屋市立大学とコンソーシアム校関係者の参加を得て、シンポジウムと同日午前「実務領域診断カルテ」に関するワークショップを開催しました。
第1部では、昨年度ロールモデルとなる実務家教員へのヒアリングで見えてきたコンピテンシーなど改めて概要報告を、第2部では「実務領域診断カルテ」作成に向けた項目案・重視すべきスキルなどの中間報告を、(株)ジョイワークス田口氏からしていただきました。その後、協力企業の(株)スノーム白石氏、調査に関わる淑徳大斎藤教授も交えディスカッションを行いました。カルテ開発及び基礎調査は(株)ジョイワークスと進めており、議論を反映させながら精緻化し実務家教員養成や修了後の活用に役立てて参ります。

2020年10月21日(水)13:30~15:30進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)シンポジウムをzoomによるオンライン開催します!

※ちらしは下部でダウンロードできます

「産業界と大学の架け橋を目指して~実務家教員養成プログラムの挑戦~」と題し、企業関係者と実務家教員を招聘して今後の実務家教員の使命と大学変革の可能性について、産学間の対話を進めます。

一般公開無料 定員100名(先着順)

開会挨拶:郡 健二郎 名古屋市立大学 理事長・学長
来賓挨拶:木谷 慎一 文部科学省高等教育局 専門教育課 課長補佐

〈第1部〉
基調講演:「進化型実務家教員が求められる背景」
講  師:鵜飼 宏成 名古屋市立大学 副理事 大学院経済研究科 教授
           TEEPコンソーシアム実施委員会 委員長
〈第2部〉
パネルディスカッション:「産業界から見た実務家教員の可能性」
登 壇 者:奥村 隆一 株式会社三菱総合研究所プラチナ社会センター兼キャリアイノベーション本部 主席研究員
     三輪 真資 株式会社パソナグループ成長戦略本部 HR Techチーム マネージャー
     鈴木 武裕 株式会社愛知銀行 執行役員 法人営業部長
     北見 幸一 東京都市大学 都市生活学部/大学院環境情報学研究科 准教授
ファシリテーター: 小林 直三 名古屋市立大学 副理事・大学院人間文化研究科 教授

開会挨拶:伊藤 恭彦 名古屋市立大学 理事・副学長 大学院人間文化研究科 教授

※申込受付締切ました(10/19)
※詳細及び各時間については下記ちらしにてご確認下さい。