グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  カリキュラム紹介 >  実務領域診断カルテ

実務領域診断カルテ


実務領域診断カルテとは?

実務で修得された仕事力を把握するための分析ツールとなります。
単に教育力が高いということだけではなく、どういった実務経験があり、新しい問題解決・教育力の向上に、どのような役割をもたらしているのか、新領域での解決力が高まっているかを把握するためのツールです。

実務領域診断カルテ項目 ポイント
1 実務家の実務領域の診断 知的熟練の幅と深さ(仕事表等を応用)
2 専門学術分野マップ 専門領域・学際領域マップと強み・弱み
3 多職種連携領域と能力 リーダーシップ、チーミング等
4 不足・克服領域の能力開発計画(道程) 能力開発領域・カリキュラムマップ
5 教育基礎知識の評価と講評 教育基礎力の評価
6 教育実習・PBL演習評価と講評 経験学習指導力の評価