グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  日本のデータ活用の現状

日本のデータ活用の現状


「ベース・レジストリ・ロードマップ」(2020年12月デジタル・ガバメント閣僚会議)(2022年1月6日のコラム参照)では、日本のデータ活用の現状を、データが標準化されていない(データ入力の規則や書式が異なる)ために情報の再利用ができず、行政手続でのワンスオンリーが進められなかったり、非競争領域の情報管理のために様々な組織ごとに労力や時間がかけられていると分析しました。