グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  Society5.0において求められる人材像とは

Society5.0において求められる人材像とは


進化型養成プログラム(TEEP)では、間もなく履修証明プログラム(基本コース)の募集を開始します。わたしたちの取組では、Society5.0に対応できる人材を育てることができる教員の養成を目的の一つに掲げています。
文部科学省Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会、新たな時代を豊かに生きる力の育成に関する省内タスクフォースの「Society5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わる~」(2018年6月)によると、Society5.0に対応できる人材を「技術革新や価値創造の源となる飛躍知を発見・創造する人材」「飛躍知の成果と社会課題をつなげ、プラットフォームをはじめとした新たなビジネスを創造する人材」であるとしています。