グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  中京大学心理学部ダイバーシティ委員会の活動―障壁のない研究教育を目指して

中京大学心理学部ダイバーシティ委員会の活動―障壁のない研究教育を目指して


中京大学心理学部には「ダイバーシティ委員会」があります。この委員会は学部教員だけでなく学部学生もメンバーに加わっています。学生メンバーは積極的に議論に参加し運営を担い、学部教員からの助言を受けながらダイバーシティに関する情報を学生に伝える啓発活動をしています。アンケートを通して学部内の現状や要望についてまとめるなどもしています。「ダイバーシティ」と一口に言っても、ジェンダーに関することや、病気や障害や経歴、年齢や家庭環境、出自、国籍に関することなど、幅広い問題が含まれ困難な課題もあります。心理学部・心理学研究科において誰もが差別や障壁に阻まれず安心して研究・教育・学業に専念できる環境が整備されていくよう学生が尽力しているのです。現在、通信が3号まで配信されています。関心のある方はアクセスしてみてください。