グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  岐阜薬科大学 ワクチン接種会場の調剤で地域貢献

岐阜薬科大学 ワクチン接種会場の調剤で地域貢献


全国の新型コロナウイルス感染症ワクチンの1回目接種率が75%を超えました。岐阜市内の集団接種会場における1回目の接種は10月末で終了します。2021年5月より岐阜市内の18会場に派遣された薬剤師は9月末の時点で111名になりました。ワクチン接種会場で薬剤師はmRNAワクチンの製剤学的特徴を踏まえた調剤を行ってきました。岐阜薬科大学に所属する6名の実務家教員も地域への貢献として、市内の接種会場で毎週末ワクチン調剤に従事しました。