グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  高等教育機関におけるオンライン教育に関する調査

高等教育機関におけるオンライン教育に関する調査


アジア太平洋質保証ネットワーク(Asia-Pacific Quality Network、略称APQN)はCOVID-19パンデミックの結果としてのキャンパスロックダウンでは、オンライン教育は「新しい環境に適応する」主要な手段として、世界の高等教育段階に浮上したとして、「高等教育機関におけるCOVID-19影響に関するAPQN調査」を実施しました。2020年3月~5月の調査では、回答者の68%がオンライン教育に「満足していない」ことを示し、2020年7月の調査では、回答者の34%がオンライン教育を「非効率的」と考えていたと発表しました。
「アジア太平洋地域における高等教育の質の向上」と「質の高い地域の境界の解消」を実現するため、2021年5月には、オンライン教育のための品質基準を開発、 オンライン教育の品質基準を維持するためのPDCI(計画的なチェック改善)計画を策定、高品質のオンライン教育を実施するための、実現可能かつ効率的な行動計画を策定すると発表しました。