グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  無人航空機の災害時「緊急用務空域」確認義務

無人航空機の災害時「緊急用務空域」確認義務


岐阜薬科大学ではドローンによる災害時の医薬品輸送の研究を行っています。2021年6月より航空法で制限されている飛行禁止空域に「緊急用務空域」が追加されました。大規模災害時には、被災地は「緊急用務空域」として指定され、模型航空機も含めたドローンの飛行が原則禁止され、空域内や付近で飛行する予定がある場合は関係機関の指示に従う必要があります。災害時にドローンを使用する際は、「緊急用務空域」についての十分な確認と注意が必要です。
緊急対応を行う航空機の活動に支障が生じないように措置