グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  内閣府政策統括官(経済財政分析担当)によるリカレント教育の分析③

内閣府政策統括官(経済財政分析担当)によるリカレント教育の分析③


前回のコラム「リカレント教育の分析②」では、リカレント教育が人的資本蓄積に有効であることが示されました。一方で、これまでリカレント教育になじみが薄かった層にもすそ野をひろげていくことが重要であり、誰もが受講しやすいように制度を改善すること、リカレント教育の有効性を実感できるような教育内容を更に充実させること、誰もが学びなおしに取り組みやすい環境をつくることなどが求められる、と結んでいます。
人的資本個人的・社会的・経済的厚生の創出に寄与する知識、技能、能力及び属性で個々人に具わるもの(2001年OECD定義より)