グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  大学(6年制学科)と大学院修士課程在籍者を起点とした追跡調査

大学(6年制学科)と大学院修士課程在籍者を起点とした追跡調査


文部科学省科学技術・学術政策研究所は、2020年度に大学(6年制学科)と大学院修士課程を修了予定する者125,418名を対象に、在籍者の視点から在籍中における経済的支援状況、進路状況、博士課程に進学しない理由、博士課程への進学率を向上させるための政策などについて調査をしました。例えば、博士課程に進学しない理由は、「経済的に自立したい」、「社会に出て仕事がしたい」であり、博士課程への進学が増加する効果的な政策としては、「博士課程での給与支給」、「若手研究者(博士後期課程学生含む)の研究環境改善」、「産業界における博士取得者に対する給与等処遇改善」などの選択肢が選ばれました。