グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  中京大学心理学部の社会貢献:現場の知見から社会制度へ

中京大学心理学部の社会貢献:現場の知見から社会制度へ


愛知県で犯罪被害者やその家族のサポートを進めていくための「県犯罪被害者等支援条例(仮称)」制定に向け2021年6月に第1回有識者会議が開かれ、心理カウンセリングコース長でもある中京大学心理学部神谷栄治教授が座長として参加しました。神谷教授は長年犯罪被害者支援に携わった経験に基づいた立場から提言しました。この有識者会議では、法律家や被害者支援団体、被害当事者団体等が協働・連携し2022年4月の条例施行を目指して条例案を作成していきます。現場で得た臨床の実践的な知見が社会制度の形となり、より多くの方々への支援となるよう尽力しています。