グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  新型コロナウィルス感染症の影響下におけるリカレント教育に対する意識調査

新型コロナウィルス感染症の影響下におけるリカレント教育に対する意識調査


2021年4月30日から5月11日に内閣府政策統括官が「第3回新型コロナウィルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」を行いました。リカレント教育の内容は専門的な資格取得に関するものや経営・ビジネスに必要な知識や能力の向上などに関すものが多く、リカレント教育を実施または関心がある者が取り組む理由としては、現在の仕事に生かす、今後のキャリアの選択肢を広げる、の回答が多くありました。一方で、就業者がリカレント教育の障害と感じる理由として、仕事が忙しくて余裕がない、費用がかかりすぎる、といった項目に回答が集まりました。