グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  名古屋市立大学病院について

名古屋市立大学病院について


2021年4月より、東部医療センター・西部医療センターが、名古屋市立大学の医学部附属病院になりました。大学病院ダイジェストでは、救急・災害医療をはじめとして地域連携をより強め、地域医療水準の向上に貢献することや、2025年に開棟予定の「救急・災害医療センター(仮称)」の建設計画が進行中であること、などが紹介されています。
進化型実務家教員養成プログラム、専門コース「減災・医療コース」では、例えば岐阜薬科大学の災害対応医薬品供給車両(モバイルファーマシー)とドローンを活用したPBL演習を行う計画です。