グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  多層的な科学技術コミュニケーションを進めるために

多層的な科学技術コミュニケーションを進めるために


2020年3月26日に、文部科学省総合対策特別委員会は「知識集約型の価値創造に向けた科学技術イノベーション政策の展開ーSociety5.0の実現で世界をリードする国へー」を取りまとめました。専門知識をわかりやすい言葉で説明し、中立的な立場で議論を収れんさせ、建設的な議論を進めることが望ましく、それには広範な知識、社会貢献の意識、課題探求力、解決方策の構想力、コミュニケーション能力の向上を重視した人材育成が求められている、としています。