グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  TA(ティーチング・アシスタント)の活用

TA(ティーチング・アシスタント)の活用


文部科学省から、教員の教育活動を補助し、学生に対するきめ細やかな指導を行うためには、ティーチング・アシスタント(TA)の積極的な活用も期待される、と過去に提言がありました。大学院生に対して、学部学生等に対するチュータリング(助言)や実験・演習などの教育補助業務を行ってもらい、大学教育の充実と大学院学生のトレーニングの機会提供をはかり、これに対する対価を支給する制度を促してきました。進化型実務家教員養成プログラム(TEEP)でも、TAが授業支援活動をし、受講生の学習の深化を図っていく予定です。