グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  災害時の医薬品供給についての変化

災害時の医薬品供給についての変化


東日本大震災では、被災地への医薬品の供給が滞ったり、ニーズに合わない医薬品が届けられたりしました。これまで災害時の医薬品供給は自治体の備蓄や製薬企業などから行政の手で病院、薬局、避難所や救護所に供給されるしくみになっていました。東日本大震災の教訓から、災害時も平時と同様に、医薬品卸売業者の手によって医薬品が供給されるしくみに変わりつつあります。