グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  災害拠点病院

災害拠点病院


名古屋市立大学附属病院は、地域中核災害指定病院に指定されています。災害時には愛知県の医療救護活動の拠点となるため、多くの被災傷病者を受け入れられるよう、施設設備の整備、食料等の備蓄をしています。また、例年「災害時患者受入れ訓練」を行っています。訓練では、入院患者、外来患者の安全確保に努め、帰宅できる人の誘導を確認し、被災傷病者を受け入れる際の検証作業を行い、災害時の病院機能の充実をはかっています。