グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  TEEPが考える重要な課題のひとつ「減災」

TEEPが考える重要な課題のひとつ「減災」


Society5.0の実現への対応が課題となっています。例えば、名古屋市立大学、岐阜薬科大学、中京大学が所在する中部圏では南海トラフ地震の発生が懸念されています。予想される経済的損失・社会不安への対応や、いわゆる「減災」は重要な課題といえます。