グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  アントレプレナー教育の推進

アントレプレナー教育の推進


名古屋市立大学ではキャリア教育や企業家育成の観点から、アントレプレナーシップ教育を推進しています。
例えば、一般教養科目の中でも大学特色科目に位置付けられる「社会人になるB」では、どのような人材が社会に求められているか、様々な企業や地方自治体は具体的にどのような社会的役割を果たしているかなどを知ることで、大学卒業後の仕事あるいは自身の生涯のキャリアを考える習慣を身につけるとともに、学内外における積極的な学び、行動を引き出すことを目的としています。
また、「経営学:企業と社会、個人の関係」は経済学部以外の学部生も受講でき、経営学とは、という入り口からマーケティング発想の重要性、資本主義の多様性、経営史という学問発展、企業活動、組織とマネジメント、人的資源 、組織行動や人事管理について学びます。起業や多店舗経営をテーマに演習も行っています。
新たな社会のあり方における課題解決力向上や創発的なビジネスモデルづくりを想定しています。