グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  レンガ敷のソテツ広場

レンガ敷のソテツ広場


名古屋市立大学 山の畑キャンパス
ソテツ広場の様子
(写真クリックでキャンパスマップへ移動します)

名古屋市立大学山の畑キャンパスには、風合いあるレンガ敷きの通称「ソテツ広場」があります。この広場は八高古墳に隣接し、市民が足を止めてベンチでくつろぐ場にもなっています。学生の憩いの場にもなるようにと願って造られ、イベントスペースとしても活用されています。
レンガは、市水道局鍋屋上野浄水場(千種区)の敷石として100年以上前の明治時代から使用されていたものです。改修で不要となったため譲り受け、2018年春に完成した「ソテツ広場」に再利用されました。レンガは、北千種キャンパス内でも舗装材として活かされています。