グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  「温知学要」とは

「温知学要」とは


名古屋市立大学都市政策研究センターでは、2019年度より学生の社会貢献活動・地域貢献活動を サポートするため名市大未来まちづくり活動支援事業「温知学要」(おんちがくよう)をスタートしました。
「温知学要」は、「尾張名古屋藩(61万9,500石)藩主徳川宗春(とくがわむねはる 1696―1764)が、1731年、藩主として初めて国入りする際にまとめた施政方針と自戒を述べた書」である「温知政要(おんちせいよう)」1)になぞらえています。
学内の学生団体等は、資金面でのサポートを受けながら活動します。中間報告会や最終報告会において、成果発表を行います。

1)国立公文書館."国立公文書所蔵資料特別展:大名著書と文化:大名の教訓18.温知政要
http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/daimyou/contents/18.html