グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  2021年4月、名古屋市立大学大学院医学研究科修士課程に「減災・医療コース」が開設されます

2021年4月、名古屋市立大学大学院医学研究科修士課程に「減災・医療コース」が開設されます


名古屋市立大学大学院医学研究科は2021年4月に修士課程に「減災・医療コース」を開設します。
東海地域では南海トラフ地震の発生が懸念されるなかで、「減災」は社会の大きな課題となっています。名古屋市と協力し設置を進めている附属病院の『救急災害棟』は、大規模災害時において市民の命や安全を守ることが求められています。2021年4月には、「名古屋市立東部および西部医療センター」は、名古屋市立大学附属病院と統合します。両医療センターは名古屋市災害拠点病院としての役割があり、さらに、東部医療センターには救急救命センターがあります。3病院の統合により先進医療機能の強化と共に、救急医療、減災や防災に関わる医療人材の育成が期待されます。
こうした背景を受けて、本コースは、減災・医療を担うキャリアパスを支援する教育システムをつくり質の高い教育を実践することで、減災・医療等に貢献できる幅広い人材を育てること、これに関連した研究を推進することを目的とします。また、夜間授業も設置されており、社会人の学修にも配慮されています。