グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  働きながら大学院で薬学研究する人は増えています

働きながら大学院で薬学研究する人は増えています


実務家教員として研究を主体的に行うためには、「博士」の学位が必須となります。薬学教育においては6年間の学部の課程を卒業すると「学士」、4年間の大学院博士課程を修了し最終試験に合格すると「博士」の学位が授与されます。臨床における課題について、自ら研究を計画して解決策を導き出す能力を涵養するために、働きながら大学院で学ぶ方も増えており、多くの大学では社会人大学院生を募集しています。