グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  薬学部における実務家教員

薬学部における実務家教員


2006年に薬学部の修業年限が4年間から6年間に延長されました。我が国の薬学教育は諸外国とは異なり、戦前から新薬の創出のための基礎研究に主眼が置かれていました。時代の変遷と共に、臨床現場で薬剤師に多様な役割が求められるようになり、現在では臨床教育充実のため、多くの実務家教員が配置されています。例えば、大学設置基準等では、薬学部の専任教員の6分の1は病院や薬局で5年以上の経験を有する実務家教員となります。