グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  高知は新米の季節

高知は新米の季節


この田んぼ、入られん!

高知は、かつて二期作をしていたほどの温暖な土地で、現在は超早場米の産地になっている。早い田んぼでは、7月中下旬には稲刈りをしていて、写真の田んぼにはもう稲穂も案山子もない。「南国そだち」、「よさこい美人」といった、かわいらしいネーミングの新米が、全国に先駆けて手に入る。農家の方から直接いただくことも結構あって、ありがたいやら美味しいやら。このあと、中山間地域の棚田も収穫の季節を迎えるが、この米がまたうまい。「土佐二十四万石」は、実りの季節を迎えている。