グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  Daily コラム >  7/14㈫ 「県民大学の域学共生」という考え方

7/14㈫ 「県民大学の域学共生」という考え方


平成26年、高知県立大学は地域と大学の連携についての考え方を変えました。前身の高知女子大学は地域貢献に熱心な大学でした。公開講座をしたり、教員が自治体の審議会の委員を務めたり…。でも、それは大学→地域という一方向の関係。

そうではなく、双方向性の連携にする。地域と協働しながら、双方の学びに繋がる教育プログラムにする。大学が地域を変え、地域が大学を変える。地「域」と大「学」が「共」に「生」きていく「域学共生」。「課題解決先進県」の「県民大学」の使命です。

未来に向けて域学共生